Broad WiMAXの解約方法がバッチリ分かる!違約金も詳しく解説

月額が業界最安級として知られるBroad WiMAXですが、何らかの事情で解約を検討することもありますよね。でも、

「どうすれば解約できるのか分からない」
「どれくらい違約金がかかるのか心配…」という人も多いですよね。

この記事では、Broad WiMAXの解約方法と違約金について詳しく解説します。解約前に知っておきたいポイント、違約金なしで解約する方法についても紹介します。

Broad WiMAXの解約方法は電話・Webの2つ

Broad WiMAXの解約方法には、電話手続き・Web手続きの2つあります。それぞれの手続きの流れと注意点を見てみましょう。

Broad WiMAXを電話で解約する方法

Broad WiMAXに電話して解約手続きする場合、次のような流れになります。

  1. 下記の「Broad サポートセンター解約受付窓口」に電話する
  2. 担当オペレーターに解約希望であることを伝える
  3. 契約を確認のうえ解約手続きが薦められる
Broad サポートセンター解約受付窓口
電話050-5212-7322
受付時間11:00-18:00(月~土)

Broad WiMAXでは、25日までに処理された解約手続きが当月での扱いになり、26日以降は翌月扱いになります。電話手続きの注意点ですが、遅くとも月の半ばまでには解約の電話をしましょう。

なぜなら、サポートセンターは通常でも電話がつながりにくいのに加えて、毎月20~25日は窓口がさらに混雑するからです。せっかく違約金がかからない更新月に解約しようとしても、電話がつながらず翌月扱いになると9,500円の違約金が発生してしまいます。

Broad WiMAXをWebで解約する方法

Broad WiMAXの解約手続きをWeb上で行うことも可能です。Webからであれば待たされることもなく素早く処理されます。手続きの流れは次の通りです。

  1. ご契約解除申請フォームにアクセスする
  2. 端末到着から8日間以内か8日間以降か選択する
  3. サービスの種類は「Broad WiMAX」を選択、解約理由にチェックする
  4. 契約者情報を入力する
  5. 注意事項を確認して「同意する」をクリックする

Webでの解約における注意点は、一度手続きすると取り消せないということです。電話での手続きではオペレーターが大事な点を教えてくれますが、Webでの手続きは全て自分で確認する必要があります。

Web手続き完了前に手を止めて、注意事項をもう一度しっかり確認しよう。

電話とWeb手続き、どちらにしても注意する必要があるってことですね。

Broad WiMAXの解約違約金はいくら?更新月はいつ?

Broad WiMAXの解約を検討する際に、一番気になるのは違約金の有無と金額ではないでしょうか?詳しく説明しますので、ご自分の契約内容と比較してみてください。

違約金は契約期間によって金額が異なる

解約違約金(契約解除料)は、Broad WiMAXの契約期間によって金額が違います。Broad WiMAXの「ギガ放題プラン」「ライトプラン」(共に契約期間は3年間)の違約金は下記をご覧ください。

違約金が発生する期間違約金(税抜)
1年目(~12ヵ月目)19,000円
2年目(13~24ヶ月目)14,000円
3年目(25ヶ月目~)9,500円
更新月0円
4年目以降の更新月以外9,500円

違約金が発生しない更新月はいつか

Broad WiMAXの、違約金が発生しない「更新月」とはいつなのかまとめてみました。

Broad WiMAX契約期間と更新月
3年契約0(契約開始月)~36ヵ月目
3年契約 (37~72ヵ月目)37ヵ月目(更新月)
 38~72ヵ月目
3年契約 (73~108ヵ月目)73ヵ月目(更新月)
 74~108ヵ月目

更新月を計算するうえで注意点は、Broad WiMAXの契約開始月を0ヵ月目とし、その翌月を1ヵ月目と数えることです。これを誤ると更新月を見逃してしまうので気を付けましょう。また、更新月は新たな3年契約の1ヵ月目でもあります。

違約金とは別の「Web割キャンペーン違約金」とは

Broad WiMAX申込時には通常、初期費用18,857円が無料になる「Web割キャンペーン」が適用されます。ただし、このWeb割キャンペーンには条件があります。契約から24ヵ月以内に解約した場合、Web割キャンペーン違約金9,500円が発生するという条件です。つまり、Broad WiMAXを1年以内に解約すると計28,500円、1~2年目の解約で計23,500円の違約金がかかってしまうのです。

違約金がこんなに高いなら、最低でも2年は使い続けたほうが良さそうですね・・・

記事を読み進めてみよう。いつ解約しても違約金がかからない方法も分かるよ。

8日以内なら解約違約金が発生しない

Broad WiMAXは初期契約解除制度に対応しており、8日以内なら違約金無しで解約することが可能です。初期契約解除の手続きの流れは次のようになります。

  1. 初期契約解除申請書をダウンロード・印刷する
  2. 印刷した申請書に必要事項を記載する
  3. 端末一式と申請書をBroad サポートセンターに返送する

返送先、返送方法については以下を参照してください。

返送方法・佐川急便/ヤマト運輸/ゆうパックのいずれか
・配達伝票の品名には「初期契約解除」と記載すること
・返送費用はユーザー負担となる
返送期限端末受取り日から8日以内
返送先〒141-0022
東京都品川区東五反田1-2-33-7F
LinkLife初期契約解除受付

初期契約解除すると、支払う費用は契約事務手数料3,000円だけで済みます。

違約金を払わないでBroad WiMAXを解約する方法

違約金が不要の解約方法とは、Broad WiMAXの「いつでも解約サポート」を利用して他のインターネット回線に乗り換えることです。Broad WiMAXの紹介で乗り換えると、違約金分を株式会社リンクライフが負担してくれます。乗り換え先には以下のサービスがあります。

  • Softbank光
  • auひかり
  • broad光 with NTT東日本/西日本
  • So-net光
  • ビッグローブ光

光回線ばかりですが、これには意味があります。Broad WiMAXの速度や電波の入りに不満があり乗り換えると仮定しましょう。その場合、WiMAXの他のサービスに乗り換えても速度や電波は同じなので不満は解消しません。そのため、乗り換えるなら固定回線ということになるわけです。

Broad WiMAXの公式サイトをみる

「いつでも解約サポート」に申し込む手順

いつでも解約サポートの手続きは次の手順で行います。

  1. 契約書類に記載されている「いつでも解約サポート電話窓口」に電話する
  2. オペレーターが各インターネットサービスを提案してくれる
  3. 乗り換え先を決めたら手続き開始
  4. 回線開通後にBroad WiMAXが解約処理される

Broad WiMAXの契約が1年以内なら・・・違約金28,500円も負担してくれるのかぁ!

ユーザーの希望に沿ったサービスを提案してくれるのも助かるね。

初回必須オプションはすぐに解約できる

公式ページからBroad WiMAX申し込み時に加入必須となる有料オプションは、契約の翌日以降に解約することができます。オプションなので解除料もかかりません。加入必須のオプションは次の2つです。

  • 安心サポートプラス(月額550円)
  • My Broadサポート(月額907円・最大2ヵ月無料)

「安心サポート」はルーター端末が水濡れ・自然故障した場合に無料修理してもらえるサービスです。「My Broadサポート」はパソコンやスマホの設定や扱い方を電話サポートしてくれるサービスです。必要ないと思うならすぐに解約して料金を節約しましょう。

Broad WiMAX解約前に知っておくべき4つのこと

Broad WiMAXの解約に進む前に、次の4点を知っておきましょう。もしかすると解約する必要がなくなるかもしれません。

  1. 3日で10GB超過すると速度制限がかかり遅くなる
  2. 20ヵ月以上の利用で最新ルーター端末に無料交換できる
  3. Broad WiMAXの紹介以外で乗り換えると違約金がかかる
  4. 解約するとオプションサービスが使えなくなる

3日で10GB超過すると速度制限がかかり遅くなる

急にスピードが遅くなり困るという理由で解約を考えているのなら、WiMAX自体が遅いのではなくて実際には速度制限がかかっている可能性があります。Broad WiMAXは、データ通信が3日間で10GBを超過すると翌日に最大1Mbpsの速度制限がかかります。じつはこの速度制限、全てのWiMAXサービスが同じ条件なんです。つまり、他のWiMAXに乗り換えても同じ事態が生じるということです。

他のWiMAXだと、3日間10GB超過で128kbpsに制限されるところもあるんだ。

128kbps・・・。Broad WiMAXの1Mbpsのほうが断然使えますね。

20ヵ月以上の利用で最新ルーター端末に無料交換できる

Broad WiMAXには、20ヵ月以上使用したルーターを最新ルーターと無料交換できる特典があります。(2年プラン限定)

WiFiルーターの電波受信が悪くなった、充電がすぐに切れるといった不満がある場合、解約するよりもこの特典を利用するほうがメリットが大きいかもしれません。

Broad WiMAXの紹介以外で乗り換えると違約金がかかる

上でも説明した通り、Broad WiMAXの紹介を利用して乗り換えると違約金不要です。しかし、更新月ではない月に自分で他の回線に乗り換えると9,500円~28,500円もの違約金が発生します。まずは、ご自分の契約期間で違約金がいくらになるのか計算してみましょう。

Broad WiMAXの公式サイトをみる

解約するとオプションサービスが使えなくなる

Broad WiMAXで各種オプションサービスを利用していた場合、回線を解約すると当然それらのオプションも使えなくなります。以下はオプションの一例です。

  • 安心サポートプラス
  • My Broadサポート
  • Broadメール
  • インターネットセキュリティ
  • WiFiスポットサービス
  • KINGSOFTオフィス

たとえばBroadメールを使っていたのであれば、解約によりメール送受信が不可となります。また、解約するとセキュリティソフトが使えなくなるため、PCやスマホを守るために新たなセキュリティソフトを購入しないといけなくなるかもしれません。

解約に進む前に、オプションが使えなくなるとどんな影響があるか確認しましょう。

【まとめ】Broad WiMAXの解約はここに注意

Broad WiMAXの解約について、特に次の注意点を頭に入れておきましょう。

  • 違約金なしで解約できる更新月は3年(以前のプランなら2年)に1度
  • 解約手続きは月の25日までに。電話なら月半ばまでに手続きを始めよう
  • 2年以内に解約すると、契約解除料とは別にWeb割キャンペーン違約金が発生する

解約について大事なことを理解しておけば、使い続けるにしても安心できるね。

僕は、Broad WiMAXの紹介なら違約金を心配しなくていいのが気に入りました!

Broad WiMAXの公式サイトをみる
タイトルとURLをコピーしました