どんなときもWiFiの評判・メリットデメリットまとめ

2019年3月に「どんなときもWiFi」の提供がスタートしてから、WiMAXとは特徴が異なる通信サービスとして注目を集めています。ただ、次のような疑問をお持ちの人もいることでしょう。

「WiMAXとは何が違うの?」

「始まったばかりだから信頼性に欠けるんじゃない?」

「動画をちゃんと観れる通信速度が出るのか心配」

この記事では上記の疑問の答えに加えて、どんなときもWiFiを利用しているユーザーの口コミや評判を調査し、そこから見えてくるメリット・デメリットをご紹介します。

どんなときもWiFiの概要

どんなときもWiFiは、専用の小型ルーターひとつでスマホ・タブレット・PC等をインターネットに接続できる無線通信サービスです。利用回線はLTEで、WiMAXとは特徴が異なるのがポイントです。どんなときもWiFiを提供するのは株式会社グッドラック。無線通信に特化したサービスを展開している会社で、NEXTmobileやモバレコAirなどはよく知られています。この記事の結論を先にいうと、どんなときもWiFiがおすすめ/おすすめじゃない人は次のようなタイプです。

こんな人におすすめ

  • 速度制限を気にせず好きな時にネットしたい人
  • 田舎や山間部など電波が届きにくい所でも通信する人
  • 海外渡航時にもデータ通信したい人

あまりおすすめできない人

  • 重いデータのやり取りを頻繁にする人

新卒:メリットが多くてデメリットは少なそうですけど、本当に大丈夫なんですか?

上司:比較的新しいサービスだから不安になるのも無理はないね。まずはこの記事を読んでみよう。

どんなときもWiFiが気になっている人は、実際に使用しているユーザーの評判を見てみたいと思いますよね?では、具体的に口コミを調べてみましょう。

どんなときもWiFiの評判

どんなときもWiFiユーザーの口コミを調べた結果、次のような声が多く見られました。

  • WiMAXのような速度制限がないから助かる
  • キャリア回線だから電波が強くて繋がりやすい
  • 料金はシンプルで安い

どんなときもWiFiに関する口コミを「通信速度」「速度制限なし」「エリア」「サポート」「料金」の5項目に分けて分析してみましょう。

通信速度に関する口コミ

どんなときもWiFiの通信速度が気になる人は多いと思いますが、ユーザーからはけっこう速いと好評です。ユーザーの声から浮かび上がってくるのは、どんなときもWiFiの通信速度は格安SIMよりも速く、WiMAXより多少遅いということ。これはYouTubeの高画質動画の視聴は快適にこなせるレベルで、大容量のデータを頻繁にアップロードするとなると時間がかかります。つまりネットのヘビーユーザーでない限り、どんなときもWiFiはおすすめです。

新卒:僕の趣味はNetflixで映画観賞ですけど、どんなときもWiFiで観れますかね?

上司:低画質ならいけると思うよ。Netflixは低画質でも十分きれいなレベルだからね。

速度制限なしに関する口コミ

どんなときもWiFiには速度制限がないというのが、ユーザーから高く評価されています。WiMAXは通信し放題といいながら3日10GBという速度制限の壁がありますが、どんなときもWiFiにはそのような制限はありません。何日間もぶっ続けで動画を観るのも問題なく、本当の通信し放題になります。

エリアに関する口コミ

どんなときもWiFiはエリアもWiMAXより広く、かなりの田舎でも電波がつながると話題になっています。なぜエリアがそんなに広いのかというと、大手3キャリアのLTE回線を利用しているから。通信する場所によって最適なキャリア回線に自動的につながるので、まさに“どんなときも”快適なインターネットができるんです。ただし口コミによっては、電波がつながらない場所もあるようです。

新卒:これなら、田舎のおじいちゃん家に言った時でも快適に楽しめそう!

サポートに関する口コミ

ユーザーサポートについては、どんなときもWiFiは店舗がないため電話・チャットサポートのみとなります。電話はけっこう待たされるという声が多く見られました。また、端末故障時は解決に時間がかかってしまうこともあるようです。ただし、ちょっとしたトラブルや相談などはチャットですぐに対応してくれるという声もありました。サポート体制は小規模ながら頑張っているという感じに見受けられます。

料金に関する口コミ

どんなときもWiFiの料金プランは口コミにもあるようにシンプル。月々3,480円(税抜)のプランしかありません。この金額はWiMAXと同等か若干安く、それでいて速度制限はないので好評です。

どんなときもWiFiの評判をまとめると

どんなときもWiFiユーザーの評判をまとめると、次のように結論することができます。五つ星を満点として評価しています。

料金・・・・★★★★☆

通信速度・・★★★★☆

エリア・・・★★★★★

サポート・・★★☆☆☆

どんなときもWiFiがユーザーから一番高く評価されているのは、速度制限がなく本当にネット使い放題であるということです。WiMAXの速度制限に泣かされていた人が、どんなときもWiFiに乗り換えてから本当に快適になったという声も多くあります。どんなときもWiFiについての口コミを調査すると高評価の声が大半だったので、これから申し込む人も安心していいのではないでしょうか。比較対象になるWiMAXとどんなときもWiFiの特徴の違いは下記をご覧ください。

  どんなときもWiFiWiMAX
料金 3,480円/月プロバイダによる
通信最大速度(下り) 150Mbps440Mbps
データ容量 上限なし上限なし
速度制限 なしあり(3日で10GB超過時)
対応エリア 
室内・地下鉄での電波 
サポート プロバイダによる

上司:最大速度はベストエフォート(理論上の最大値)だから、実際に出ることはないよ。

新卒:WiMAXでも時間帯によっては10Mbps以下しか出ないこともありますもんね。

どんなときもWiFiの料金プラン

どんなときもWiFiの料金プランは、2年定額プランのひとつだけです。ただし、支払方法がクレジットカード払いと口座振替によって月々700円もの金額差があります。下記を参照してください。

支払方法クレジットカード口座振替
契約事務手数料3,000円 
端末代金無料レンタル 
口座振替手数料200円/月
月額料金

3,480円(~24ヵ月目)

3,980円(25ヵ月目~)

3,980円(~24ヵ月目)

4,410円(25ヵ月目~)

総額(2年間)83,520円100,320円

※全て税抜表示

新卒:え~っと、、2年間で総額16,800円もクレジットカードが安いのかぁ。

上司:消費税込みで18,480円もの差だよ。なるべくクレジットカードで支払いたいものだね。

どんなときもWiFiのメリット

どんなときもWiFiには次の7つのメリットがあります。

  1. 工事不要ですぐに使い始められる
  2. ルーター端末は無料レンタル
  3. ネットが完全無制限で使い放題
  4. トリプルキャリア対応だから幅広いエリアでつながる
  5. 海外でも利用できる
  6. 口座振替にも対応している
  7. 「いつでも解約サポート」で契約解除料がかからない

1.工事不要ですぐに使い始められる

どんなときもWiFiは、申し込んでから通常2~3日後にルーターが送られてくると、早速使い始めることができます。光回線のように回線工事が必要なく、ルーター1つあればどこでもインターネットが使えるので、引越しが多い人にもピッタリです。

2.ルーター端末は無料レンタル

どんなときもWiFiのルーターは無料レンタルされるので、購入費用がかかりません。節約志向の人にとってもうれしいですね。ただし解約時にはルーターを返却しないといけないので、壊さないように大切に扱いましょう。

3.ネットが完全無制限で使い放題

WiMAXは“ギガ放題”とうたっていますが、実際には3日間10ギガの壁があり、それを超えると速度制限がかかります。それに対して、どんなときもWiFiにはそのような壁が存在しません。たとえば1日10ギガを超えてネットしたとしても速度制限がかからないので、本物の使い放題といえるわけです。ただし、どんなときもWiFiホームページには次の一文があるので、常識外れの行動を取らないように気を付けましょう。著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。

新卒:“著しくネットワークを占有するレベル”って、どれ位なんですかね?

上司:おそらく何十ギガというデータを一日中ダウンロードして、それを毎日続けるようなレベルだと思うよ。

4.トリプルキャリア対応だから幅広いエリアでつながる

どんなときもWiFiはトリプルキャリア対応、つまりドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応しています。通信を利用する地域における最善のキャリアを自動的に判別して接続するので、日本全国幅広いエリアでインターネットが使えます。なぜトリプルキャリアに対応できるのかというと、どんなときもWiFiはクラウドSIM技術を利用しているからです。

新卒:クラウドSIMってことは、ルーター端末にSIMカードは入ってないんですね?

上司:そうなんだ。クラウドSIM技術はこれからもっと拡がっていくと考えられているよ。

5.海外でも利用できる

どんなときもWiFiは国内だけでなく、131ヵ国でインターネットに接続することが可。海外出張や海外旅行時にもルーターを携えることで大活躍します。日本人が渡航する主な国々(北米・ヨーロッパ・アジア・オセアニア等74ヵ国)は1,280円/日、その他(中東・南米・アフリカ等56ヵ国)は1,880円/日です。1日に1GBまでLTE高速通信が使え、超過しても低速384Kbpsで無制限で通信できます。

6.口座振替にも対応している

どんなときもWiFiは口座振替にも対応しているので、クレジットカードを持たない人でも申し込み可能です。ただし上でも触れたとおり、口座振替はクレジットカード払いよりも月々700円高くなってしまいます。

7.「いつでも解約サポート」で契約解除料がかからない

どんなときもWiFiに申し込んで万が一満足できずに解約する場合、高い解約手数料を払わないといけません。それが不安だから契約に踏み切れないという人でも大丈夫。専用窓口に電話すると、系列会社の他の通信サービスを紹介してくれて、それに乗り換えることで解約手数料が免除されます。

上司:対象のサービスは光回線、WiMAX、他のWiFiサービスと豊富に用意されているよ。

どんなときもWiFiのデメリット

どんなときもWiFiのデメリットを3つ紹介します。

  1. 契約は2年縛りで解除料最大19,000円
  2. 故障すると有償交換費用が18,000円かかる
  3. 充電器はオプション扱いで1,800円

1.契約は2年縛りで解除料最大19,000円

どんなときもWiFiは2年契約(自動更新)となり、2年以内に解約すると所定の契約解除料がかかります。契約解除料なしで解約できるのは、2年契約が満了した後の更新月だけです。

契約期間契約解除料(税抜)
0~12ヵ月目19,000円
13~24ヵ月目14,000円
25ヵ月目(更新月)0円
26ヵ月目以降の更新月以外9,500円

上司:25ヵ月目以降は月々500円高くなるから、25ヵ月目に解約するのが一番お得だよ。

新卒:2年後には5G通信が主流になってるだろうから、乗り換え時期にちょうどいいですね!

2.故障すると有償交換費用が18,000円かかる

どんなときもWiFiルーターが故障した場合、有償交換対応となり18,000円請求されます。手痛い出費になってしまうので、ルーターの取り扱いには日頃から注意するといいでしょう。もしくはオプション「あんしん補償」(400円/月)を付けておくと、いざという時に無償で端末を交換してもらえます。なお、この補償オプションはどんなときもWiFi申し込み時に同時加入することしかできません。後から付けることは不可なので、契約の際に加入するかどうかよく考えることをおすすめします。

3.充電器はオプション扱いで1,800円

どんなときもWiFiルーターの充電器は別売りで1,800円(税抜)となっています。普通のACアダプターとしては高いので、もし少しでも安くしたいのなら別途充電器を購入するといいでしょう。Amazonなどで1,000円以下かつ品質がもっと良い充電器が見つかりますよ。

どんなときもWiFiの解約方法

ネクストモバイルの解約方法には、電話・オンラインと2つあります。解約手続き後、ルーター端末を返却することを忘れないようにしましょう。返却期限は解約月の翌月10日必着で、返却が確認できないと損害金18,000円が発生してしまいますので要注意です。

電話解約手続き

グッドラックサポートセンター(0120-048-277)に電話します。受付時間は11:00~18:00で日曜と年末年始は休みです。電話はなかなかつながらない場合もあるので、可能なら下のオンライン手続きのほうがいいでしょう。

オンライン解約手続き

  1. お客様サポートページからログインする
  2. 「ご登録内容の変更」をクリックする
  3. 「契約解除申請フォーム」をクリックする
  4. 必要事項を入力する
  5. 確認画面に進んで解約申請完了

解約締め日は毎月25日までとなっており、26日以降の解約手続きは翌月扱いとなってしまうので注意しましょう。

どんなときもWiFiの契約手順

  1. どんなときもWiFi公式サイトより「Webでお申込み」をクリックする
  2. 支払方法・端末カラー・オプションを選択する
  3. お客様情報を入力する
  4. 契約内容を確認して完了

端末が故障したり紛失した際の保証オプション「あんしん補償」は、申し込みフォーム上でしか加入できません。少しでも不安があるなら、とりあえず加入しておくことをおすすめします。後で必要なくなればオプションのみ解除することも可能です。

どんなときもWiFiのおさらい

こんな人におすすめ:

  • 動画を毎日何時間も観る人
  • 速度制限がかかると困る人
  • 田舎などWiMAXが繋がりにくい場所に住んでいる人
  • 海外にしょっちゅう行く人

おすすめできない人:

  • 重いオンラインゲームや高精細動画を楽しみたい人
  • 大容量データをアップロードしたい人

どんなときもWiFiは通信速度はWiMAXほど速くない代わりに、どれだけデータ通信しても速度制限がかからないという大きなメリットがあります。そのため、WiMAXから乗り換える人もかなりいることが口コミから窺えます。でも、データ通信をヘビーに使う人にはWiMAXのほうが向いているかもしれません。そんな方はWiMAXプロバイダ比較記事も参考にしてみてくださいね。

新卒:正直、僕はかなり好印象を持ちました!どんなときもWiFiに乗り換えようかなぁ。

上司:初期契約解除にも対応しているから、まず試してみるのもいいだろうね。

タイトルとURLをコピーしました